電話を有効利用~アウトバウンドを利用して集客する~

効果的に利益を得るために利用したい方法

利用客を増やす

既に普及した状態となっている電子マネー

コンビニエンスストアやスーパーマーケットあるいは家電量販店やその他の専門店など、電子マネーでの買い物ができる店舗が増え続けています。 電子マネーとは、現金でもクレジットカードでもない新たな決済方法を提供する仕組みで、ICチップを読み取り機に読ませることで買い物代金の支払いができるシステムです。 ICチップ内蔵のカードやスマートフォンに現金をチャージすることにより、対応している場所であれば残高の範囲内で財布代わりに使えるため、その便利さが普及を牽引しています。 実店舗のレジ以外でも一部の自動販売機やネット通販でも徐々に利用が可能となってきており、販売者側から見ても集客ツールとして定着してきている状況にあります。

競合する事業者同士で起きている集客力向上の競争

電子マネーは、ICチップも含めた決済システム全般をインフラとして提供した上で、運用や管理を行っている会社のもとに成り立っており、決済方法として取り入れている販売店自体はそれらを導入して利用している形となります。 したがって、集客効果の向上という点では売り上げのアップが見込めるような導入店舗よりも、運用によって決済手数料収入を得る形となる電子マネーのシステム提供側のほうが力を注いでいる面があります。 決済額が増えるほど手数料収入も増加することになるため、導入店舗を増やす試みを続けているだけでなく、消費者の電子マネー利用を促すべく集客に結びつくような各種施策も常に行っているのです。 現在の電子マネー業界は複数の事業者によって競合している状況ですが、利用者の囲い込み目的も含めた集客力アップのための競争は今後も続くと予想されます。

Copyright (c) 2015 電話を有効利用~アウトバウンドを利用して集客する~ all reserved.